3トップ微妙

不安露呈…反町3トップ不発ドロー

昨日のアメリカ戦は0-0で引き分け。どうもアメリカは本調子じゃないみたいな感じで,特に前半はあまり出てこない感じ。それでもそれなりにプレッシャーはかけてきてたので,そんなに余裕でボールをもてる感じではない。後半からはガツガツとあたってくるので,そこでボールコントロールを失う感じでかなり攻め込まれていた。

で,3トップなんですが中央に平山,両脇に李とカレンというこの3人はそんなに悪かない感じ。再三,解説でも言われていたが,距離感がいいとのこと。実際,上手く3人がそろえばそれなりの形になっていた。でも,前3人とその後ろがあんまりしっくりこない。そもそもあの程度のプレッシャーのなかでさえ中盤が落ち着いてボールをさばけず,単調な攻めやパスミスとなってしまう感じ。やはり中盤が少ないとボールの流れがねー。

いろんなブログで言われてますけど,やはりサイドの水野と本田圭がいまいち前に進んでこれない感じ,サイドからボールを展開できなかった。これも中盤を少なめしたから何ですかね?特に本田君はやりにくそうにも見えた。まー本人もかなりムラがある感じなんだが。

まー素人目にみると,グダグダだったけどなんか形が見えてきそう気もした。特に守備面などはもう少しこなれてくるだろうし,アジアの二次予選とリーグの開幕で調子もあがって来れば,どうにかなりそう。

でもやっぱり中盤でボールを預けられる存在が欲しい。中田とか小野とか俊輔はやっぱり貴重な存在だったんだなーと思う。
[PR]
by shanggelila | 2007-02-22 12:21 | サッカー
<< 論文読んだ(1) 本日はアメリカ戦 >>