3トップにいつまで拘泥する?

反町監督3発発進も「ガッカリ」

がっかりもになんも,アンタも内部者の一人なんだから。もっとしっかりしてくださいよ,反町さん。

***以下はスポニチからの引用***
課題(1)単調なリズム 「ジャブ、ジャブ、ストレートが日本のサッカーだが、ストレートばかりになった」。指揮官が振り返るように、先制後はFW陣が後ろの選手と意思の疎通を欠き孤立。1本のパスでゴールを狙おうとする単調な攻撃になり、青山敏は「FWにもっと引いてきてほしかった」と注文をつけた。
***引用ここまで***

これはやっぱり3トップの弊害だと思う。今の3トップのメンツだと,やっぱりヒトもボールも渋滞を起こしている感じ,スムーズに動かない。カレンも李も良い選手だが,今の状態ではこの二人でかぶるし,サイド同士との連携もいまいち。サイドが前に出るときにFWの二人はどうするのかというのがいまいち見えにくいかな?

やはりボールを引き出すならば,前目に梶山を置いて,FWは普通に2トップで良いと思う。平山とカレンでも良いし,李でもいい。平山の相棒が引いてきてボールを受けてリズムを作りたいところだし,梶山はキープすることでサイドとの連携も上手くできそうな気がする。

カレンと李という二人が居るのに上手くボールが引き出せないのは何故か?やはりも少し前目に中盤の起点を欲しいのに,常に動き回る二人ではボールが合いにくいのかも知れない。だからロングボールに頼りがちになる。

なんか,いっそトルシエの時みたいにオシムにA代表とU22を兼任してもらって,反町さんはコーチというのはダメなんだろうか?まー全てオシムに頼り切るのはなんだし,歳も歳だしね。
[PR]
by shanggelila | 2007-03-01 12:47 | サッカー
<< J開幕 サッカーU22香港戦。 >>