女性系の職場に進出する男性が増えているらしい

そういえば,昨日,女子大に入学した男子がいるとかという記事をみた。まー,半分は下心だと思うが,半分では保育士みたいな職業に就く場合には女子大の方がそういった科目が充実していることが多いためらしい。特に最近は,ほとんど女性の職業であった保育士とかにも,男性が入る場合が増えているらしい。そういえば,大学の周辺でも男の保育士さんが子供を引率する風景をみるようになったような気もする。

子供のときのことを考えてみると,幼稚園の先生はほとんど女性だったような気がする。小学校の先生もほとんど女性で,男性の担任にあたったのは1/6かな。つまり,幼稚園から初等教育にかけてのステージを,多くのヒトは女性によって受けてきたことになる。なんか不思議な気がする。確かに,この時期の子供は扱いが難しいので,それを担当するのは女性の方が向いているのかも知れない。

こういうことって大人になっても影響するんですかねー?昨日は,「男の先生と女の先生ではどっちが好き?」と子供に尋ねる場面があったけど,ある男の子は「男の先生,サッカーしてくれるからー」といっていた。女性の保育士がままごと,男性がサッカーを担当するらしいです。ひょっとしたら,こういう場面って,サッカーの底辺の拡大に役立つんですかね?

それは良いとしても,こういう幼児期くらいの半分の時間を,『男性』性が極端に排除された空間で育ってきたことって,どういう風にヒトに影響するのかなー?こういう部分の研究ってないんですかねー。
[PR]
by shanggelila | 2007-04-09 16:10 | たわごと
<< つじもとさんは当選していたらしい 論文読んだ(3) >>