今日はコロンビア戦です。

今日は,サッカー日本代表のコロンビア戦があります。

「前へ前へ」コロンビアは攻める!

先日のサッカーでのモンテネグロ戦,素人目から見るとそれなりに面白かったと思う。特に前半はなかなか良かった。まー,中盤が上がって積極的に攻撃に参加する場面がなかったけど,ある程度動いてからの組み立てはできていたような気がする。中村と遠藤が良いキョリと良いテンポでキープできるし,そこから前へのボールも上手く供給しつつ,遠藤なんかは上手くスルスルと前に進出していたような気もする。

まー,ブログを確認するといろいろと不満だった人も居るようだ。特に後半のできには監督も含めて不満な人も多いみたい。確かに後半の出来はいまいちで,メンバー交代の度にごちゃごちゃと動き回って,良くわかんなくなった感じ。PKの場面もCKのところでフリーの選手ができていたし。もう少しという所か。

個人的に気になったのは中沢。不安定な部分の見える坪井に対して,中沢はやっぱり安定感が凄いと思う。これでテゥーリオが帰ってきたらどうなるのだろうか。高さには強いけど,横への対応が問題になるような気もするけど,ゴール前は堅くなるし,前への上がりも面白くなるのかな?

コロンビアは強いですね。モンテネグロなんかよりも数段強い,と思う。素人の私でも知っている名前がちらほら。稲本と中田がどうやらでるっぽい。

ところで,この前もオシムは中村憲剛に対してかなりきつい苦言をていしていたが,その前は中村違いの方に苦情を言っていた。これはどのように捉えたら良いんでしょうね?文字通り,アーチストがゲームを作るのではなく,チームの中でアーチストが働くようなチーム作りをしたいということなのでしょうか?

そういう面も重要だと思うのだけど,だけど実際はもっと追い込んで行くことで新たな自己主張をする選手達を期待しているような気がする。創造性のある選手にストレスを与えることで,規律あるチームのなかでも,個性を発揮するような選手が現れて,「いやいやオシム何言うてんねん」という感じで,「個のエゴ」や「選手目線での考え」を表現できるような場面を狙っているのではないだろうか。

なんかサッカーの日本代表は日本の縮図のような存在で,リーダーシップに欠ける部分が多い。それはある種,日本全体にも共通する部分であり,今の内閣なんかまさにそんな感じ。だからこそ,選手がもっと自らの意志で動き出すことを待っているんじゃないのかな?ジーコのときの末期みたいに。あれをもっと建設的な形で。

いずれにしても頑張って欲しい。アジアカップに向けて少しは盛り上がってきたのかな?
[PR]
by shanggelila | 2007-06-05 11:56 | サッカー
<< コロンビア戦の雑感 ディシプリン研究会とチャンポン... >>