<   2007年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧

これが通るのだろうか?

元会社員、長女への殺意も否認…光市の母子殺害差し戻し審

山口県でおきた7年前の母子殺害事件の差し戻し審において,被告人は長女への殺意も否認したらしい。弁護士は,これまで事実関係が審議されてこなかった訳であり,今回,初めて事実が明らかになったのだ,と述べているらしい。被告人は声を荒げて殺意を否認していたというから,正直,凄まじい場面だなと思った。裁判のことは正直解らないがこれで通るのだろうか?

水道管の点検と偽って家に侵入→悪ふざけ
女性の殺害→お母さんと思って抱きついて,騒がれたのでとっさに口をふさいだ
暴行→生き返らせる儀式
床に叩きつける→抱き上げて落としたときにズボンに引っかかって頭から
首に巻かれたひも→リボン,あるいは覚えていない
押入に隠したこと→どらえもん

ざっとみてもこんな感じ。総じて,被告人は犯行当時,精神が幼稚でなんたらかんたら,そもそも殺人事件でもなく,傷害致死とかなんとか。気になる部分はほとんど覚えていないとか。事実は本人にしか解らないわけであるが・・・。幼稚なのは確かだろう。事件当時だけでなく現在も十分に幼稚だ,こんな弁護に身を委ねて助かると考えている時点で,そうとうな世間知らずだろう。被害者の遺族はどこまでこれにつきあわなければならないのだろう?

多分,この裁判は無党派層を確実に死刑肯定に導いていると思う。それが狙いかもね。
[PR]
by shanggelila | 2007-06-29 12:47 | たわごと

大河ドラマの由布姫

私は大河ドラマをちゃんと通して見たことがない。高校くらいまでは歴史に興味がなく,それ以降は変なジャニタレが主役になったり,テーマが興味なかったりで見なかったのだが,『風林火山』だけは見るようにしている。面白いですよね,これは。

で,由布姫役の女優さんが誰なのか気になっていたが,それが柴本幸さんという女優さんらしい。しかし,世間的に評判が良くないらしい。ポット出の新人が準主役級になるなんて親の七光りに違いないとかなんとか。親御さんは♂柴俊夫×♀真野響子らしい。個人的な感想としては,親もそれほど光ってないのでは?とも思う。二人ともちょっと昔の感じかな。

演技は悪くないと思う。親のことを知らないで見ていて,下手すぎて違和感があるほどでもなかった。あのメンバーの中でそれほど浮かないというのは難しいと思う。むしろ上手い方ではないだろうか。信玄役のちょっとわざとらしい芝居よりも良いと思うけどね。まー,信玄役も親の七光りと言えばそうなんでしょうけど。同じ世代の女優さんで,演技がそれなりで,顔が時代劇で向きでとなるとそうはいないしね。

実は,前首相の息子もかつては親の七光りと言われていたが,最近は演技が評価されているしね。ドラマを壊しているわけではないのだから,もう少し見守ってみても面白いと思う。こぶ丙とかよりもはるかにましなんだし。
[PR]
by shanggelila | 2007-06-21 15:11 | たわごと

COEは玉石混合?

グローバルCOEプログラム

うちと極めて近い研究所がグローバルCOEをゲットしたらしい。

グローバルCOEとは,(以下引用)平成14年度から文部科学省において開始された「21世紀COEプログラム」の評価・検証を踏まえ、その基本的な考え方を継承しつつ、我が国の大学院の教育研究機能を一層充実・強化し、世界最高水準の研究基盤の下で世界をリードする創造的な人材育成を図るため、国際的に卓越した教育研究拠点の形成を重点的に支援し、もって、国際競争力のある大学づくりを推進することを目的とする事業らしいですよ,奥さん。

これまでに20世紀COE,21世紀COEと来て,今度はグローバルCOEらしい。うちの界隈の研究室は,これまでずーーっと,COE関連に関わってきた。その閉めのシンポジウムとかにも結構参加してきたし,うちのやつ以外にもCOEの閉めシンポには結構参加してきた。

が,ひどいの一言につきるCOEシンポがかなりあった。歩留まり10%程度のような感じ。もちろん,まともなCOEもたくさんあるのだと思うが,酷いのはどうにもなんない感じのやつになる。雑多な研究の寄せ集めなうえ,個々の研究も,5年間で完成させたとは思えない半端なものばかり。まー,酷いのはシンポだけで,中身はまともな物かも知れないが,報告書を読む気力はない。

文科省はホントに21正規COEの成果をきちんと検証したのかなー?まー,もとの親分みたいな人が審査員長だったりするわけでね。

まー,こんなもんなんでしょうけどね。今回のCOEでは,助教を多く採用するように定められているらしい。だから,今後一年くらいは助教のポスト募集が多くおこなわれることでしょう。実質的にはポスドク救済策ということなんでしょうね。うれしいけどなんかブルーになるなー。
[PR]
by shanggelila | 2007-06-18 16:12 | 研究

このバカチンがっ!!喝だーーー!

菊地淫行逮捕!サッカー界追放も

ある分野のスポーツの個人が活躍したとしても,興味がない人には興味がなく,記憶に残ることは少ない。松井がどんなにフランスのリーグアンで活躍しようと,おばちゃん達には興味がなく,それよりもぱっと見でメディアが取り上げやすく,大衆も興味がわきやすい対象へと目が向くものだ。なんとか王子とかなんとかかんとかね。

しかし,不祥事は別だ。かつてのオリックスの投手が起こした不祥事も,瞬く間にメディアの取り上げる対象となった。多分,オリックスの投手個人があれほど取り上げられたことは前例がないだろう。今回も同じ。普段はJリーグなどには興味がないメディアも,こぞってこの話題を取り上げるだろう。前回の茂原のときも同様に。

まー茂原も前川も菊池も本人が悪い以上どうにもならない。しかも菊池のショボサは記事を読むだけでもうんざりする。

なんだかなー。川縁と言い,今回と言い,リーグの悪い面ばかり取り上げらなければ良いけど。
[PR]
by shanggelila | 2007-06-14 12:23 | サッカー

ここまで言われたら凹むよね,普通。

カンヌグランプリ・河瀬監督、ハセキョーに“しごき宣言”

上の記事の引用:
・・・長谷川京子(28)について「(出演した)テレビドラマを観ていて、まだ演技は評価できない。心を強く入れてやっているとは思えない。それを強化してできるようにするためのスタッフを今、集めています」

カンヌ映画祭でグランプリを取った監督が長谷川京子にダメだししたとのこと。こういうことって,実は凄く言い難いんですよね,芸能界では。こういう演技のうまへたって,実際にきっぱり言った方が良いと思う。長谷川京子の場合は,決して上手くはないが,一生懸命やってるのはなんとなく伝わるわけで,もう少し雰囲気の作り方かもという気もする。懸命にやればやるほど,どんどん画面から浮いてしまう?

でも,どうにもならない伊東美咲とか,勘違いしている米倉涼子とか,学芸会みたいな上と彩とかに比べるとまだましなような。

まー,こんなに言うくらいなら使うなとも思うけど,本人にとってはどっちつかずの今のポジションから脱皮する良い機会かも知れない。最後のチャンスかもね。でも,下手って言い出したらかなりの人は下手な訳であって,ヤンキーのようなタレントとかジャリタレとかはほとんど使えなくなるけどね。まー,お話のなかでそれで良いならそれで良いんでしょうけど。
[PR]
by shanggelila | 2007-06-08 15:47 | たわごと

コロンビア戦の雑感

一昨日のコロンビア戦。結果は0-0で終了。オシムは前半は機能しなかったが,後半はそこそこでしょうという評価。世間のブログの評価でも,前半はともかくそれほど悪くはなかったという評価だった。

前半の布陣は4-5-1。高原が1トップで,その後ろ目に遠藤と中村梭,中盤の前目の真ん中に稲本,後ろ目に中村憲と鈴木,4バックには右から駒野,中沢,阿部,中田という布陣。

素人の私でさえ,えっっっ!この布陣で良いの?と思った。就任直後にあれほど水を運ぶ人の重要性を言っておいて,これほどパサーを並べても誰がボールを受けるのさと思った。

そこですぐに,オシムが90年イタリアワールドカップでユーゴの監督をしていたときに,マスコミのしつこい要望に応えて敢えてスター選手を全て起用して,その結果,負けてしまい,そのことによってマスコミを黙らせるとともにチームになにが重要なのかを提示したという故事を思い出した。

確かにここのところ,国内組を中心とした代表の不人気を受けて,マスコミは常に海外組,海外組ということを報じてきた。やれ中田も参加とか,やっぱり中村だとか言ってきた。それに対して,海外組だけではダメですよということを実際に提示したのかとも思った。

私のような素人でもそう思ったのだから,他のブロガーの方々もそこに思いあたった人も多くいたらしい。

でも,「今更?」という気がする。アジアカップ前の大事な強敵との前半を潰してまでやることなのかとも思うし,オシムが敢えてそれをやるのかな?とも思った。むしろ,純粋に中盤を厚くするオプションを作っておきたかったのかという気がする。よく解らんけど。俊輔も中盤を厚くした場合の守備を良かったと言っていたみたいなので,なんか意味があるのかも知らん。でも,中村俊自身はできは悪かったと思う。

高原はすごく自信を持ってプレイしている感じ。もう少しバイタルエリアでのプレイがあれば良かったが,基本的にそんなに良い感じでボールが入ってくることは,こういった強敵を相手にするとないと思うし,決められそうな場面は決めて欲しい。終盤のヘディングくらいかな。

ディフェンスは安定感あると思う。中沢と阿部でかなり閉じてしまっていたし,鈴木がここぞで上手く機能していた。でも,微妙に持ちすぎて気になる部分がなきにもしもあらず。ツリオが帰ってきたらどう選ぶんでしょうね?阿部が左サイドバックになるってこと?

さて,アジアカップにはもう時間がないわけでして,どういう形でのぞむことになるんでしょうか?ていうか,海外組のアレックスのことに誰も触れないのは良いのか?
[PR]
by shanggelila | 2007-06-07 13:06 | サッカー

今日はコロンビア戦です。

今日は,サッカー日本代表のコロンビア戦があります。

「前へ前へ」コロンビアは攻める!

先日のサッカーでのモンテネグロ戦,素人目から見るとそれなりに面白かったと思う。特に前半はなかなか良かった。まー,中盤が上がって積極的に攻撃に参加する場面がなかったけど,ある程度動いてからの組み立てはできていたような気がする。中村と遠藤が良いキョリと良いテンポでキープできるし,そこから前へのボールも上手く供給しつつ,遠藤なんかは上手くスルスルと前に進出していたような気もする。

まー,ブログを確認するといろいろと不満だった人も居るようだ。特に後半のできには監督も含めて不満な人も多いみたい。確かに後半の出来はいまいちで,メンバー交代の度にごちゃごちゃと動き回って,良くわかんなくなった感じ。PKの場面もCKのところでフリーの選手ができていたし。もう少しという所か。

個人的に気になったのは中沢。不安定な部分の見える坪井に対して,中沢はやっぱり安定感が凄いと思う。これでテゥーリオが帰ってきたらどうなるのだろうか。高さには強いけど,横への対応が問題になるような気もするけど,ゴール前は堅くなるし,前への上がりも面白くなるのかな?

コロンビアは強いですね。モンテネグロなんかよりも数段強い,と思う。素人の私でも知っている名前がちらほら。稲本と中田がどうやらでるっぽい。

ところで,この前もオシムは中村憲剛に対してかなりきつい苦言をていしていたが,その前は中村違いの方に苦情を言っていた。これはどのように捉えたら良いんでしょうね?文字通り,アーチストがゲームを作るのではなく,チームの中でアーチストが働くようなチーム作りをしたいということなのでしょうか?

そういう面も重要だと思うのだけど,だけど実際はもっと追い込んで行くことで新たな自己主張をする選手達を期待しているような気がする。創造性のある選手にストレスを与えることで,規律あるチームのなかでも,個性を発揮するような選手が現れて,「いやいやオシム何言うてんねん」という感じで,「個のエゴ」や「選手目線での考え」を表現できるような場面を狙っているのではないだろうか。

なんかサッカーの日本代表は日本の縮図のような存在で,リーダーシップに欠ける部分が多い。それはある種,日本全体にも共通する部分であり,今の内閣なんかまさにそんな感じ。だからこそ,選手がもっと自らの意志で動き出すことを待っているんじゃないのかな?ジーコのときの末期みたいに。あれをもっと建設的な形で。

いずれにしても頑張って欲しい。アジアカップに向けて少しは盛り上がってきたのかな?
[PR]
by shanggelila | 2007-06-05 11:56 | サッカー

ディシプリン研究会とチャンポン研究会。

先日,研究会があった。その研究会はちょっと変わっていて,特に関連のなさそうなテーマが4つくらい集まって,それぞれの具体的な内容を討論するというよりも,それぞれのまったく異なるテーマが依拠している方法論の違いを考えようというちょっと無謀で,かつ面白そうなものである。

確かに先生らは楽しそうに参加している場面があるのだが,正直,学生らはあんまどのように取り組んでよいのかが解らない感じだった。そこで先週,提案されたのがもう少しテーマを選んでジェンダーならジェンダー,貧困なら貧困という形でテーマを選んだり,共通する地域として発表者を選んだりといったものがあっても良かったんじゃないのかという提案が学生からでた。その方がちゃんとした討論が可能であるし,議論もし易いということであった。

ある意味そーだなとも思ったがホントにそーかなとも思った。

テーマを選んだゼミは多い。社会学,人類学,農学とかそれぞれの講座が,おおよそディシプリンに基づいたゼミをやっている。私は自分の興味関心からいろんな研究会に出るようにしているが,実際にディシプリン・ゼミならばちゃんとした議論がおこわれているのか?私はそうは思わない。少なくとも発表内容と聴衆のディシプリンが一致しただけでは白熱した面白い議論にならない。

特にディシプリンゼミで多いのは,細部の突っ込みに終始する場面。その国での法律は・・・,その地域での民族構成は・・・,などと言ったことを聞いたあげく,発表内容とどうリンクして議論を発展させるのかを考えていない質問をするやからが多い。傍目で見ていると,そんなことは後で聞け,あるいは本で読めと言いたくなる。あんたの研究に関連した知識欲求を満たす場面ではないと言いたい。

後,やたら自分の研究を紹介するやつ。一応,質問はするのだが,その前置きとして自分の研究のことをやたらと語りだして結局,質問だけで5分くらいしゃべるやつが居る。結局,質問から逆算すると本人の研究紹介はいらないことが多いし,自分のことをしゃべるのは自分が発表者のときにやるべきだ。なのに,だらだらと「私の調査地では・・・」みたいな。

ディシプリン研究ではこういうやからが増える。もちろん,研究会でこういう突っ込みがあっても全然問題ない。が,決して議論の発展には寄与しているとは思えないし,その質問を通して発表内容への理解が深まる訳でもない。

もちろん,ちゃんと内容に沿って議論を進めることができるヒトも居るわけであるが,実はそういうヒトは,テーマが自分のディシプリンと一致しようがしまいが,それなりの態度で発表を聞くことが出来るし,面白い視点で内容に突っ込むこともできる。結局は研究会が面白くなるか否かはヒト依存ということになるのだと思うがどうだろうか?
[PR]
by shanggelila | 2007-06-04 11:11 | 研究

今日はモンテネグロ戦です

今日はサッカー日本A代表の試合があります。キリンカップの第一戦ではモンテネグロと,第二戦ではコロンビアとの試合です。今回は,丁度ヨーロッパのリーグ戦が終了する時期なので,海外のリーグに在籍する中村,稲本,高原,中田が呼ばれています。

オシムはどんな感じで使うんでしょうね。中村はケガ,稲本と中田はコンディションがあまり良くないみたいなので,第一戦で使われることはなさそうです。

なんかオシムは,前任者との違いを強調しているのかも知れないけれど,とかくコンディションに気を使っているようなことを言うけれど,なんかこれまでの選手起用ではそれほど調子の良い選手ばかりを使っているわけではないのも気になる。特にあれだけ低迷するジェフから未だに3人も4人も代表に選出されるのは解らないと思っている人は多いみたい。まージェフの低迷はチームとしてちぐはぐな感じになってしまっているからだけど。

まーね,使いたいヒトを使えばいいんだけど,それならそれで本音を言って欲しいところ。とにかくアジアカップに向けて結果を出せばいいんだから。万が一ここでオシムがこけてしまったらどうなるんだろうという気持ちもある。

とにかく久しぶりの代表戦は楽しみ。Jリーグとかも落ち着いて見れるようになりたいなー。
[PR]
by shanggelila | 2007-06-01 11:25 | サッカー