論文読んだ(1)

タイトル:Impact of grazing kivestock and distance from water source on soil fertility in southern Mongolia (著者:Stummp et al.,雑誌:Mounatain Research and Development)

読みました。あんま中身がなかったのでつるつると読んだ感じ。やっぱ雑誌のデザイン買えてからこの雑誌はレベル下がってるな。これを狙い目と思うのは我ながら志が低いなー。

概要は,モンゴルの牧畜地域の井戸周りで土壌や植生にどんな影響があるかということ。データの取り方は,営地近くの井戸から距離を置きながら「家畜糞数」,「植生」,「土壌成分」を調査したもの。

結果として,家畜糞数は井戸周りでの家畜の活動の多さを表していただろう。しかし,植生と土壌に関しては,家畜の活動が多い井戸周りだからといってそんなにdegradationしてるとは言えないそうだ。結局その理由を非平衡だからと持っていっている。

うーん,そうなのかというのが正直な感想。平衡-非平衡の議論は現在,スケールをどうやって取り込むかという部分だと思う。降水量は少ないからって放牧地の全部が全部,不安定な放牧地というわけではあるまい。で,井戸周りってやっぱり降水量と関係なく植生が安定してる場所ってのもあると思う。例えば,枯れ川に掘られた井戸とかね。その周りはある程度安定した植生を維持できていて,そこは平衡系になる可能性がある。つまり,牧民にとっては干害のときてでも利用できる貴重なエサ場になるってことだ。

まー,この論文での調査地はそうじゃなかったってことだろうけど,もしそういう場所であったなら,深刻な荒廃の影響を受けていたかも知れない。やっぱり,放牧地内での水場を単に同じカテゴリーで扱うだけでなく,そこに水があることで不安定な生態系にどれくらい安定したスポットになっているかということが重要ではないだろうか。

論文の最後ではスケールの話に多少触れているが,特に広がりをもつものでないのが残念。やっぱり考察のダサさは雑誌のレベルを表しているのだろう。

もっと頑張らねば。
[PR]
# by shanggelila | 2007-02-22 14:56 | 研究

3トップ微妙

不安露呈…反町3トップ不発ドロー

昨日のアメリカ戦は0-0で引き分け。どうもアメリカは本調子じゃないみたいな感じで,特に前半はあまり出てこない感じ。それでもそれなりにプレッシャーはかけてきてたので,そんなに余裕でボールをもてる感じではない。後半からはガツガツとあたってくるので,そこでボールコントロールを失う感じでかなり攻め込まれていた。

で,3トップなんですが中央に平山,両脇に李とカレンというこの3人はそんなに悪かない感じ。再三,解説でも言われていたが,距離感がいいとのこと。実際,上手く3人がそろえばそれなりの形になっていた。でも,前3人とその後ろがあんまりしっくりこない。そもそもあの程度のプレッシャーのなかでさえ中盤が落ち着いてボールをさばけず,単調な攻めやパスミスとなってしまう感じ。やはり中盤が少ないとボールの流れがねー。

いろんなブログで言われてますけど,やはりサイドの水野と本田圭がいまいち前に進んでこれない感じ,サイドからボールを展開できなかった。これも中盤を少なめしたから何ですかね?特に本田君はやりにくそうにも見えた。まー本人もかなりムラがある感じなんだが。

まー素人目にみると,グダグダだったけどなんか形が見えてきそう気もした。特に守備面などはもう少しこなれてくるだろうし,アジアの二次予選とリーグの開幕で調子もあがって来れば,どうにかなりそう。

でもやっぱり中盤でボールを預けられる存在が欲しい。中田とか小野とか俊輔はやっぱり貴重な存在だったんだなーと思う。
[PR]
# by shanggelila | 2007-02-22 12:21 | サッカー

本日はアメリカ戦

反町監督 平山を1トップで先発起用

いきなり研究とはなんの関係もないサッカーの話。本日はアメリカ戦なのですが,FWは平山選手らしい。この年代のFWではあんまり実績残している選手がいないんですけどね,反町さんも平山くんにこだわり過ぎてるような気もするけど。

カレン・ロバートとかの方が泥臭くて好きなんですけど,どうも決定力不足になってますよね,代表では。ここらへんどうなんでしょう?反町さんには頑張って欲しいが,ここらで違うヒトに替わってもらうのもありかもな。
[PR]
# by shanggelila | 2007-02-21 16:49 | サッカー